takevinのブログ

~人生、適当に~

ブログを本気で続けたいなら24時間考え続け、とにかく書く!書く!書く!

ブログ本気で始めます。
 
どうもtakevinです。
 
イケハヤ氏の本を読んですっかりブログを書きたくなってしまいました。彼は著書の中で月40万字書き続けることを公表していました。これよく考えるとすごい数字ですよね。1日原稿用紙30枚以上書いてる計算ですね。小学校の時、夏休みの宿題で読書感想文5枚書かなければいけなかったことを思い出しました。それが苦痛だった自分にとっては、ブログ書きたいと思えること自体が奇跡みたいなもんです。ちなみに僕がブログを書きたくなった理由は下の記事にありますよ。

takevin.hatenablog.com

 

さて、ブログを真剣に始めた僕ですが、まず最初に取り掛かるべきことはなんでしょうか。決まっています。

 
ひたすら書く!書く!書く!
 
これ一択です。
簡単かは置いておいて超シンプルですね。
 
内容や質なんて関係ありません。
とにかく書き続ける。
他人のブログなんてみないし参考にもしない。
ネットで情報収集なんてしない。
飲み会になんて参加しない。
人付き合いなんてやめてしまう。
残業は当然しない。
日々身の回りに起きた出来事や体験、考えたことを文章化してみる。
自分の直感に従い動いてみる。
目の解像度を高めておく。
別に洗練されてなくても良いから、すぐに頭の外に出して文章にしてやる。
 
スマホのホーム画面にはメモアプリしか置かない。
他のどうでもいい情報に自分が流されない。
 
人の目なんて気にしない。
自分自身を主張する。
どんどん失敗しろ。
朝起きてから夜眠るまでとにかくアウトプット、書き続けること。
 
極端なぐらいがちょうどいい。
没頭しよう。
 
面白いことがあったらブログを書こう、そんな甘い考えなんか持つべきじゃないです。
そんな考えでは、一生面白いことなんかやってきません。アウトプットすれば、どんなに些細なことでも、実はおもしろい現象であることに気づくはずです。そうすれば人生もっと楽しくなります。
 
ここであの有名な言葉を出しておきます。
There are only two ways to live your life. One is as though nothing is a miracle. The other is as though everything is a miracle
 
Albert Einstein 
今という時間は自分にしか訪れない素晴らしい奇跡です。それに自分の思考を掛け合わせれば無限の価値が生まれると僕は信じています。思っただけではすぐに消えてしまうその感情を全てとにかく「書く」ことで吐き出していきます。
 
まずは書く。そして書く。とにかく書く。
話はそれからですね。
その先でまた会いましょう。