takevinのブログ

~人生、適当に~

【ブラックorシルバーどっち買う?】GoPro HERO4遂に発表!【4Kハイエンドモデル or 液晶搭載モデル】

f:id:takevin:20141001173559p:plain

ついにこの時が来た...
待望のGoPro HERO4が発表された。

しかし・・・

今回は即予約購入しようと思ってたんだけど、少し悩ましいラインナップになった。
それは以下のスペック比較を見てもらえば一目瞭然だ。

【GoPro HERO4 ブラックエディション】
・発売日未定:価格59,000円(税抜)
・4K/30fps、1080p/120fps(スロー動画可)
 →GoPro HERO3+ ブラックエディションの2倍のスペック!

【GoPro HERO4 シルバーエディション】
・10月中発売予定:価格47,000円(税抜)
・4K/15fps、1080p/60fps
タッチパネル背面液晶搭載

お分かり頂けただろうか?
これまでのGoProではブラックエディションが常に最強のGoProであった。
しかし、今回ブラックエディションに無くて、シルバーエディションにしかないものがある。

背面液晶だ。

発表前までは、4K/30fpsの噂があったブラックエディションを買って、高画質の動画をバンバン撮ってやろうと意気込んでたんだけど、今回の発表で初めてシルバーエディションに背面液晶が搭載されるのを知った。正直スマホ連携や「LCD Touch BacPac」装着とかあんまりスマートじゃないし、液晶標準搭載とか個人的にはかなり魅力的だ。しかも液晶搭載にも関わらず、ブラックエディションとシルバーエディションでカメラ本体の大きさは変わらないとくる。
公式サイト(以下、動画)で液晶を実際に操作している動画があるけど、容易にカメラの設定変更が可能だし、タッチパネルはかなりさくさく動いているように見える。

GoPro HERO4 Silver: Pro-quality capture. Touch ...

また、今回発売のGoPro HERO4では、12MPの30fps高速連写、暗所撮影の品質向上やタイムラプスモード、Bluetooth接続対応などが新たに追加されているけど、ここらへんは全て、ブラックエディションとシルバーエディションで共通のアップデートとなっている。
つまり、上で比較した差異ぐらいしかないということだ。
ハイスペックのブラックエディションか背面液晶のシルバーエディションか。
4K対応の液晶とか持ってないし、動画編集するんだったら4K向けにハイスペックPCも必要だろうし、ブラックエディション高すぎだし、とか色々考えていると、来年発売されるであろう次世代GoProから本格4Kデビューしちゃってもいい気がする。

そう。つまり結論は出ている。

俺はGoPro HERO4 シルバーエディションを買います!


多分ね...


(ちなみに今回廉価版の新GoProも発売されるけど、購入を検討していないので記事紹介からは外しています。ごめんなさい)


以下は、GoPro公式動画です。4K動画の破壊力を体感してみてください。


GoPro HERO4: The Adventure of Life in 4K - YouTube

また、以下は僕の好きな「熊」の動画です。是非観てください。

GoPro: Grizzly Eats My GoPro - YouTube