takevinのブログ

~人生、適当に~

【脱・思考停止状態】ルーティンから脱却するために自分の頭で考えアウトプットを増やす

あなたは何を創造したいですか?
 
脱・思考停止状態を目論む takevin です。
 
スマホを持っていればどこでもすぐに世界中の情報にアクセスできる時代
とても便利ですよね。
Twitter, facebook, Instagram, LINE etc… によって誰かと四六時中常に繋がっている状態です。
最近では小学生でもスマホ持っていますし、大人よりも使いこなしている感があってびっくりします。
 
でも、僕はこういった今の時代に違和感を感じます
少し気味が悪い。

 

大量の情報を浴び、人と繋がることで一見生活は豊かになっているのかもしれません。
一方で幸福度は上がっているのでしょうか?
好きなことを好きなだけ好きな時間にできるようになったでしょうか?
僕たちは自由になれているのでしょうか?
 
大量の情報をうまくアウトプットに変え、自分の人生を有意義なものにしている人は確かにいます。
でも、多くの人はそうじゃありません
 
インターネット、スマホの普及で一気に情報の波に飲み込まれ、娯楽は増えてはいるけれど、別に幸せになっているわけではありません。どうでもいい情報に踊らされ時間を浪費するただの消費者が増えただけです。情報を受動的に受け止めるだけでは、そこから何かを生み出すことは出来ません。
 
自由や幸せを掴み取るためには、やはり自分の頭を働かせ何かしらのアウトプットが必要です。
 
(文句のある方はコメント欄に是非どうぞ)
 
 
 
僕のダメダメなルーティン例を示します。
朝起きて、テレビでニュースを確認し、急いで職場に向かう。仕事では毎日同じような業務をこなし、昼休みには友達のInstagramTwitterを確認したり、本を読む。帰宅してからはテレビやスマホで誰かが創ったコンテンツを見て泣いたり、笑ったり、共感したり。
このような毎日を繰り返していると、これまで自分が何も考えず、何も表現してこなかったことに気づくんです
 
学生時代はどうだったでしょうか?
日本の教育は自分で考えることが少ないと言われていますが、僕は日本の教育しか受けてきませんでしたし、個人的な意見を言います。
 
学生時代は今よりマシでした
 
あらゆる問題に対し自分の頭で考えて答えを出してきました
義務教育では問題自体は先生から与えられますが、考えるのは自分でした。
大学生の時には強制的(教授からの圧力によるもの)ではありましたが、自分自身で問題点を探し出して、それを研究テーマに検討手法も自分で考え、出来ないなりにも必死に結果を出しました。
 
社会人になれば、問題が何かを自分自身で考え自分自身で解決していかなければいけません。強制的な力なんてないので問題意識さえ持たなくていいです。別に考えなくても生きていくことはできちゃいます。現状のままでも誰も文句は言いません。
 
但し、自分が満足できればの話です。
 
僕は社会人になって完全に思考停止状態でした。
現状に満足していたわけではありませんが、行動が伴っていませんでした。
ただインプットを貯めに貯め、最終的なアウトプットが何もありませんでした。
 
 
やっぱり動いて、何かを残したい。もっと自分自身で何かを発信していきたいし、もっともっと自分は成長していきたい。いつのまにか人生終わってたなんて嫌です。
 
人生をもっと濃厚なものにするためにも、出来ないなりに自分自身の頭で考えて、これからどんどんアウトプット量を増やしていきますよ。