takevinのブログ

~人生、適当に~

【iPadの使い道】僕がiPad Proに魅力を感じない3つの理由【果たして"Pro"は必要か?】

f:id:takevin:20160402235126p:plain

先日iPad Proの9.7インチが発表され、発売されました。iPad Air2からの正統進化と言えましょうか。進化したプロセッサー、カメラ、スマートキーボードやApple Pencileへの対応。まぁ正直言うと欲しいです。でも、買って一体僕は何に使うのだろうと考えた時に、そこまで使い道がないことに気づいたんです。いや、正確に言うとProという名を冠した”iPad Pro”は要らないのかなと個人的に思いました。果たしてみなさんはiPadを何に使用しているのでしょうか。ネットで「iPad 使い道」とかでググると沢山記事が出てきます。でも、個人的にはどれもピンと来ない内容なんですね。
そこで今回は、僕なりにiPad、特にiPad Proに魅力を感じない理由を3つ紹介しちゃいますよ!
 

1.本当に”Pro”は必要か?

f:id:takevin:20160402235243p:plain

iPad Proはその名の通り様々なハードユースに耐えれる高機能・高性能タブレットかと思います。あなたはこのiPad Proをフル活用できるでしょうか。僕はできません。結論から言うと、別にProじゃなくてもいいんじゃないかってことです(余裕資金があるならば話は別と思いますが)。多くの方のiPadの使いみちを見る限りでは、動画鑑賞やネットサーフィン、テキスト入力や電子書籍の閲覧がメインだと思います。これらの用途には”Pro”は不要と僕は感じてしまうんです。進化したプロセッサーの助けを借りずとも型落ちのiPadでも十分かなと思います。僕の持ってる初代iPad miniでも少し重いですけど、上記の用途全てをこなしてしまうし、完成度が高いゆえに買い替え不要で、僕にとって”Pro”はまだ不要なのかなと思うんです。そうです、豚になんとかっていうやつです。
じゃあ、どんな用途に”Pro”は向いているかと言うと、以下のApple公式サイトが非常に参考となります。

Split viewを使用した文章作成、Apple Pencileを使用した手書きの絵や注釈、4K動画の編集など、非常にワクワクする使い道ばかりで思わずiPad Proを購入したくなってしまいます。これらのことに挑戦してみたい人には”Pro”はおすすめできるかなとは思います。あと、スピーカーが増えたので音質気になるって人には意外によかったりするかもしれません。
 

2.iOSが気に食わない

f:id:takevin:20160402235105p:plain

iOSを搭載するiPadは基本的にシングルタスクでこの考えは結構好きです。他の誘惑も入りにくいですし、1つの作業に集中したい時にはシングルウィンドウでの作業は最適です。でも、幾つもの画面を参照したい時だってあります。iOS9からの”Split View”はなかなか好きですが、やはり画面2つじゃ足りないですね。ちなみに外付けキーボードを使用した際にはMac同様、「⌘」+「tab」でアプリ間移動できるので、これを駆使すれば少しはマシなんじゃないかなとは思いますが、やっぱり不便に感じてしまいそうです。他の様々な点でも、やはりiOSOS Xに比べると自由度が圧倒的に低く、iOSで出来ることはOS Xで全て可能ですが、逆は成り立たないかと思います。Apple公式サイトで“iPad Proが、あなたの次のコンピュータになる理由”という文言がありますが、今のiOSでは、現在使用しているOS Xの代替になる日はまだ当分先かなといった感じです。
 

3. スマートキーボードは本当にスマートか?

f:id:takevin:20160402235540p:plain

iPad ProではApple純正のスマートキーボードが使用できます。でも、このキーボードにはトラックパッドはありません。まぁiOSにはマウスカーソルなんて存在しないわけで、文字打ちだけなら問題ないんですが、画像などの移動が必要となれば、画面上へのタッチが必要となります。これって果たしてスマートなんでしょうか。そして、これがAppleの描いていた未来だったのでしょうか。タッチスクリーンのキーボードを搭載した初代iPhoneを発表したSteve Jobsの伝説的Key Noteを思い出すと、そうは僕には思えなかったんです。一方、現在、iPad Pro(および12インチ型MacBook)対抗馬のWindows Surfaceには自由度の高いデスクトップOSが搭載されていて、純正キーボードにはトラックパッドが付いています。つまり、タブレットでありながら完全にこれまでのラップトップとしても使用できちゃうんです。OSを選ばないのであれば、触ってみて楽しいのは柔軟性の高いSurfaceの方じゃないかなと僕は思うんです。最近、街なかでもSurfaceを使用する人が増えてきてるし、”これさえあれば何も要らない”というフレーズはあながち間違いでは無いと思いますし、こっちのほうが気になってきています。

まとめ

僕の用途では”iPad Pro”はオーバースペックです。また、OS Xが好きな僕にはiOSでスマートキーボードを使用して出来る作業にそこまで柔軟性があるとは思えませんでした。Apple信者の僕ですが、今回はWindows Surface Pro4のほうが気になっています。ただ、Apple Pencileは使い込んでみたいとは思いました。それと今後のiOSがどのように進化していくのか不安です。OS Xと統合されるのでしょうか...
まぁiPad Proのネガティブな点を述べてきたわけなんですが、やはりApple製品が魅力的なのは変わらず、用途思い浮かばないんですが、買っていじり倒してみたいのは言うまでもありません。使い込んでみないと気づかない良さだってあるはずですからね!
もう買っちゃおうかな…