takevinのブログ

~人生、適当に~

僕がiPhone6s PlusからiPhone SEに買い換える4つの理由を完全個人的主観で紹介しちゃうよ

f:id:takevin:20160327190351p:plain

iPhone SEが欲しい。これは悩ましい端末です。
最近のAppleの画面大型化から一転、4インチサイズの新iPhoneが発表されましたね。詳細なスペックは他の記事に譲るとして、これ買っちゃうかとても迷うんです。だってまだ、半年程前にiPhone 6s Plus買ったばかりなんですよ。僕はiPhone5、iPhone6、iPhone6s Plusと徐々に画面サイズを大型化していったわけなんだけど、結局画面が4インチサイズであったiPhone 5が僕にとっては一番使いやすかったのかなと思うんです。まぁここは人によるところですね。iPhone 6s Plusに少し不満を持ってるからかもしれません。
そこで今回はなぜiPhone6s Plus使いの僕がiPhone SEに惹かれ購入を決意したのかを超個人的主観から4つ紹介するよ。
 

1.両手使いはダサいと思う

 

f:id:takevin:20160327191912p:plain

  iPhone6s Plusは基本的に両手で僕は使っていた。でかい、持ちにくい、そして、あの中途半端な画面サイズを両手で使うさまは見ていてダサいと思うようになった。大の大人があのサイズの画面をちまちまと操作する…クールじゃない(完全な個人的主観です)。両手で使用するのならiPadMacを使用したいです。ポケットからサッとiPhoneを出して、サッと片手でメールに返信したいです。iPhone SEはiPhone5sと同じデザイン、サイズ、ほぼ同じ質量で、iPhone6s Plusと比較して、圧倒的に片手で持ちやすいのです。それにiPhone6以降のあのエッジの丸みはどこか持ちにくくて、角ばったiPhone5sのデザインは持ちやすさという観点からも気に入っていました(関連記事は以下参照)。それとiPhone6s Plusでは、ズボンの前ポケットに入れたとき、かなりでかく出っ張って目立ってしまうアレもかなりダサいと思います。

 

takevin.hatenablog.com

 

2.大きな画面サイズは不要だった

f:id:takevin:20160327191140p:plain
あなたはiPhoneを何に使用しているだろうか。SNS、インターネット、ショッピング、音楽などの情報消費系。あるいは、ブログ書いたり、動画編集、写真の加工といったクリエイティブなものだろうか。僕は下の記事にも書いたとおり、クリエイティブな作業をどんどんやってみたいと思い、iPhone6s Plusを購入したのだった。動画編集やら色々やってみたかったんだけど、結局やらなかった。というかやる気にならなかった。一眼で撮った写真やScanSnapで取り込んだ昔の写真、GoProで撮った動画。色んなガジェットを使用する僕にとって見れば、全てのデータをiPhoneに中央集権的にまとめることは面倒くさかった。てか容量的にも厳しい物があった。また、iPhoneでブログをガシガシ書きたいと思ってたんだけど、それも写真やデータをわざわざMacから転送して作るなんて面倒くさかったし、文章書くだけであれば、画面サイズなんてどうでもよかった。てか、iOSだとマルチタスキングがしにくくて書きにくいしね。さらに電子書籍も沢山読もうと意気込んでいたものの、なんか目が疲れるし、Kindle Paperwhiteでも購入しようと思っている。結局僕にとってiPhoneSNSやニュースのチェック、音楽聞いたり、スケジュール確認したりするもので、クリエイティブなデバイスとは成り得ず、情報を消費するだけであれば画面サイズなんて小さくても良い気がしてきたのであった。最近はまってるAmazon Videoは大画面で観たいけれども...

3.コンパクトだけどカメラ性能がかなりいい

 

f:id:takevin:20160327193153p:plain

光学手ブレ補正はiPhone6s Plusのようについてるわけでは無いけど、1200万画素へのアップグレードは素直に嬉しい。カメラのアップグレードがあるから毎年iPhoneは買い換えたいと思ってるんだけど、iPhone SEのサイズ感で同等の画質が撮れるのは最高のアップグレードだと思います。さらに、カメラの出っ張りが無いぶん、iPhone SEのほうが僕は断然好きだな。6s Plus同様に4K動画撮影可能なのも、とてもうれしいね。まぁ、インカメラの性能はiPhone6s Plusのほうが圧勝ですが...
 

4. デザインが合格点

f:id:takevin:20160327191621p:plain

みんな忘れているような気がするけど、僕は根に持ってます。背面のDライン。ダサい、ダサすぎる。iPhone6が発売された時、本当に夢かと思いました。あのAppleがこんなダサいデザインのデバイスを発表するなんて…さらにあのカメラの出っ張り。僕にとって見れば、”The most ugly iPhone ever”でした。エッジの曲面は持ちにくいものの大好きでした。しかし、背面はダサすぎです。まぁ結局買ってしばらく経つと忘れちゃうんですけど、たまに思い出されるんですよね。その点、iPhone SEはiPhone5sと全く同じデザインで、iPhone6以降のデザインよりかは好みです。最近のAndroidはどんどんデザインが良い物発売されてるし、Appleには負けてほしくないです。
 

まとめると...

まぁここまでiPhone6s PlusからiPhone SEに変えようと思う理由を喋ってきたんだけど、スペックや機能的には6sの全てがSEには搭載されているわけでは無いんですね。Touch IDの認識速度であったり、光学手ブレ補正や3Dタッチの有無、インカメがしょぼいなど、SEが劣っている点も幾つかあります。個人的には、あまり気にならない点ですが、セルフィーをよく撮る人にとっては結構致命的かもしれませんね。iPhone 6sシリーズかiPhone SEかどちらを買おうか迷っている人は、自分のメインの用途がなんなのか考えると良い答えが出てくるかと思いますね。僕の場合は今年はMacで本格的に動画やブログといったものを作成しつつ、iPhoneはメール返信や情報収集などのためにクールにササッとできるのがよい使い方かなと思いました。iPhoneの使用時間を減らし、Macでクリエイティブな作業をするのが目的です。まぁ、結局のところ自分にとって何がクールなのかってのが最大の判断基準だとは思いますけど。

 
ちなみにちゃんとした比較記事などを見たければ、下記の記事がおすすめです…
このかたはAppleの情報を随時流してくれているので、わくわくします。 
それでは〜