takevinのブログ

~人生、適当に~

Japanese iPhoneをSIMフリーに!色んな方法をまとめてみたよ【iOS7.1.1編】


今、SoftbankiPhone5使ってる。

でもこれ海外では普通にインターネット使えない。いや、「海外パケットし放題」ってのが使えるんだけど高すぎて使う気にならない。今のところ、使っている人見たことない。。これなんとかならないのかな?25MB以上で2980円て。。現地SIMカードを使えば1週間千円とかなのに。どこにそんだけの費用がかかっているのか知らないけど、海外行っても気軽に自由にスマホ使えるようにしてほしい。てか、数年後、数十年後にはそれが当たり前の社会になっていると思うんだけど。。今の日本のキャリアが販売するiPhoneは自由にSIMカードの入れ替えさえできないし(個人的にはSIMカードの交換さえ超アナログと思うんだけど...技術的な話はよく分からん)。そこらへんの情報革命にも手をつけてほしい。よろしく!孫さん!

前置きが長くなったけど、WiFi環境下以外でも海外でiPhoneをネット接続させたい。安く使用するには現地のプリペイドSIMカードを使用するべき。でも上で述べたように、通常日本のiPhoneは契約するキャリアのSIMカードしか使用できない。SIMフリー化する方法には幾つか手段があって自分の頭が混乱してきたので以下に忘備録としてまとめてみた。ちなみに、これは2014.6.1時点調べた結果で超限定的。間違いあれば指摘頂けると幸い。また、自己責任で。

  • SIMフリーのiPhoneを購入する
    • いきなり話それる。ちょっと前から日本のApple StoreでもSIMフリーのiPhone売ってる。保証あるし、お金さえあれば最良の選択肢と思う。。次世代iPhoneはSIMフリー版にしようと考えている。。高値で売れるし。
  • ファクトリーアンロックサービス
    • 業者がSIMロックを解除してくれるサービス。しかも本体を送る必要は無しで待つだけ。永久的にSIMフリーになる(但し、修理・交換した場合を除く)。結構時間掛かるっぽい。機種と容量によって値段が変わる。iPhone5・32GBで3万弱ぐらいが相場。
  • 改造
    • 現在タイにいるけど、そこらへんにアンロックサービスの店がある。タイのSIMカードを使用できるように改造してもらえるよう。3000円程度。ただ、何をどう改造されるか分からないので要注意。
  • 下駄を履かせる
    • SIMカードにアダプターを取り付けることによって、SIMフリーとする。OSのバージョンがあがれば使えなくなる可能性があるのがデメリット。また電池の消耗が早くなる。iPhone5,5Sの場合、iOS7.1以降でアンロック困難なよう。成功例も多いけど、失敗例もかなり多い。さらに動作も不安定なようで初心者はやめといたほうがいいと思われる。iPhone4Sでは最新のiOS7.1.1でもロック解除が容易に可能。下駄は1000円程度で買える。
  • Jail Break(脱獄)
    • iOS7.1.1は現在脱獄不可。脱獄できてもアンロックは困難と思われる。
以上、金がかかる順に並べてみた。脱獄すればアンロックは容易だと思っていたけれど、意外にも無理そうだった。改造はちょっと恐いし。徐々にアンロックは難しいものになっていってるよう。ファクトリーアンロックは、かなり良さげだけどちょっと高いね。。

今回調べた結果では、既にiPhoneが最新のiOS7.1.1にアップデートされていれば、iPhone4S+下駄の組み合わせが最もコスト的に優れSIMフリー化できる!iPhone4S持ってればだけどね。僕みたいに海外旅行などで少し使用する程度であれば、この組み合わせがベストだと思う。